単身パックで一番安く引っ越しするためには?

単身引越しを安く済ませたい!
引越し業者のホームページを見ると、「単身パックなら1〜2万円以内で引越し可能」と謳ってあるサイトをよく見かけますが、あれは限られた距離と荷物の量以内の話。

 

テレビや冷蔵庫、ベッドなどが入ってくると平均料金は3〜6万円が相場です。
ただし、これも荷物の量や運ぶ距離に応じて価格は必ず変わってきます。

 

ではどうしたら単身引越しを安く済ませることが出来るかというと、相見積もりで価格交渉することです。

 

要するに、複数社から引越し単身パックの見積もりを取り寄せて、一番安い料金を提示した業者を使えば良いということです。

↓

引越し代金最大10万円キャッシュバック!

引越し価格ガイド公式サイト

 

一番安い引越し単身パックを自分で調べるのはほぼ無理

自分で価格を調べるのは難しい
引越しをする際には、「どの業者が一番安い引越し単身パックを提供してるのか?」を必ず調べることになりますが、全国の運送会社の数はなんと6万社以上。(国土交通省発表データ参照)

 

一都道府県あたりの数で換算しても約1200社にものぼり、その中からどこが安いのかを調べるのはほぼ無理と言っても良いでしょう。

 

その点、一括で見積もりを取れるサイトの存在は、どうしても引越しを安く済ませたい、特に単身向けの場合にはとても便利で有効活用できるのでおすすめです。

 

引越し見積もりサイトのデメリットってないの?

一括見積もりは本当に安心?
一括見積りが請求できる比較サイトですが、使う前に気になるのが、「本当に安心できるの?」「お金を取られたりしない?」などの不安要素。

 

まず一括見積もりサイトの使用は完全無料なのでお金が掛かることはありませんが、
最大のデメリットは「業者からの連絡」です。

 

平均して5社からの電話またはメールでの連絡が入りますので、その対応をする必要があります。

 

ただし一番のメリットは、
複数社見積もりをすると「ほぼ100%の確率で安くなる」ということです。

 

 

引越し業者は顧客の取り合い
引越し業者の数は上記のように6万社にものぼるので、今の時代競争が半端無く激化しています。

 

つまり、どうしても自分の会社で引越しをして欲しいと思っていますので、
先に見積もりを出された会社よりも必ず安い価格を提示してきます。

 

特に引越し単身パックの場合は、各社毎にサービスを提供している場合が多いので、その価格競争はより激化しているのが現状。

 

もちろん電話で連絡されるのが面倒くさいので嫌だ、という場合もあるでしょう。どうしても嫌な場合は一括見積もりサイトを使う必要はありませんが、安い料金を取るか、電話連絡を避けるか、どちらを選ぶのかは自分次第になります。

 

 

引越し単身パック一括見積もりのよくある質問

よくある疑問・質問を解決

クロネコヤマトの単身パックが安いって聞いたんだけど?

一括見積もりサイトで依頼できる業者の中にはクロネコヤマト引越センターも含まれていますので、ヤマト単身引越しサービスの見積もりも含めて他社からの見積もりもあわせて取れるので、どこが一番安いのか比較することが可能です。

ゆうパックが一番安いって他のホームページに載ってるんだけど?

ゆうパックの価格は安いですが、3辺の大きさが170cmを超えた場合対応出来ません。つまり小型のテレビや冷蔵庫、ベッドなら可能ですが、少しでも大きくなると自分で別途郵送手配をする必要がありますので、余程少ない荷物の場合以外は安くならない可能性大です。

どんな業者から見積もりが来るの?

代表的な業者を挙げると、クロネコヤマト、アート引越センター、サカイ引越センター、アリさんマークの引越社、ハート引越センター、アーク引越センターなど超有名どころから中堅、お近くの中小企業の中から一番安い価格で引越ししてくれる業者からの見積もりが取れます。

引越し業者例

引越し業者一覧

どうしても限界まで安く引越し料金を抑えたい!

単身パックで引越し料金を特に安く抑えるためには、やはり「荷物の量」です。出来るだけ荷物の量を減らすために、衣類や家具などをヤフオクで売ったり、本や漫画などはブックオフの出張買取に来てもらって売ると良いでしょう。それだけで数万円になったり、場合によっては引越し料金がタダになる場合すらあります。

荷物と一緒に自分も移動して欲しいんだけど?

基本的に荷物を運ぶトラックと人との乗車は出来ない場合が多いですが、近距離、中距離の場合は対応してくれる業者もあります。たとえばアート引越しセンターの「ファミリーサルーン」などはそのサービスの一貫ですが、業者によって異なりますので、一括見積もりで引越し査定をしに来てもらった際に確認してみるとよいでしょう。

不要品も一緒に回収・買い取りして欲しいんだけど?

一括見積もりの中に含まれるサカイ引越センターやハート引越センター、アリさんマークの引越社などでは不要品の買い取り、処分も行っています。他の業者でも買い取りサービスがありますので、その分引越し料金を抑えることが可能です。業者が見積もりにきた際に確認してみましょう!

 

引越し単身パックを安く済ますなら

引越し単身パックで比較見積もりをとる

↓

引越し代金最大10万円キャッシュバック!

引越し価格ガイド公式サイト

 

【移動距離別】引っ越し料金相場

長距離(他府県)相場

中距離(都道府県内)相場

近距離(市町村区)相場

長距離の引っ越し相場

一番料金が高くなる長距離引っ越し料金を出来るだけ安くしよう!

中距離の引越し相場

同一県内や近隣地域への引っ越し料金相場価格はどれくらい?

近距離の引越し相場

もっとも料金が安くなる近距離の引っ越し料金を相場価格よりも更に安く!

このエントリーをはてなブックマークに追加
更新履歴